学生ローンの意味

学生の方なら一度は経験する「出費超過」。
特に家賃や水道光熱費といった、生活に関わりのある費用は、埋め合わせが利かず、苦労される方も多いです。
この時、「学生ローン」という学生向けの消費者金融を利用される方もおられます。
学生ローンでは、健康保険証や学生証など、街金や消費者金融では不十分とされる書類のみで審査を行い、資金の貸付を行います。
金利も若干下げられており、懐の寒い学生にとって、ありがたい存在です。
もっとも、ある程度は我慢をして、節約を心がける事も大切です。

学生ローンを社会人が利用される理由として、「審査が緩いこと」や、「借入時の事業所への確認が免除されること」があります。
一般の消費者金融では、必ず事業所に本人確認の電話を行います。
このため、上司や同僚、部下や取引先などに、「借金をしている事実」が露見してしまいます。
信用を重んじる業界では、特にタブー視される行為のため、借り入れを躊躇される社会人も多いです。
結果、これらのデメリットを回避できる学生ローンを利用される方が増えています。
ただし、延滞は厳禁ですので、ご注意下さい。

学校を卒業した後も、返済は続きます。
社会人として働きながら、毎月指定の口座に現金を振り込みましょう。
卒業と同時にローン残高を全額返済する必要はありませんが、貸借関係は続きます。
卒業を理由に、残額の返済を踏み倒してはいけません。
後輩や同級生、親御さんや親族の方に迷惑をかけ無いよう、しっかりと返済しましょう。